読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tポイントについて質

Tポイントについて質問です。例えばヤフーのカードにポイントを貯めた場合にパソコンで 買い物してTポイントが貯まっている分を使用したらカードの分から引かれることになりますか? 要するにカードもパソコンもポイントは連動しているかを知りたいのです。ヤフーカードのポイントを とヤフーのショッピングでTポイントのたまった分を使用しました。いくらたまっていたかはおぼえなかった のです。

ポイントは連動していますよ。

トラックUber ビジネスアイディア   新しいビジネスプランを考えてみたので、皆様の意見をお聞きしたいと思います   一言で言うと、長距離トラック版Uberです。(長距離バス)  まず我 が社自体はウェブサイトの運営をして 長距離移動を考えているけれど、飛行機は高すぎるし、長距離バスよりも安く済ませたい。というお客様を対象に  その区間を運行するトラック会社とのマッチングを行います。  そして、マッチングが成功した場合には、長距離バスの半額くらい?の運賃でトラックの助手席に乗車して移動するというものです。(我が社は5〜10%抜いて、残りの半額ずつをドライバーと会社に)   ただ、ここで1番の問題が 日本で乗客運搬をするには二種免許が必要ということです そこで、このビジネスをUberの発祥地であるアメリカで行うとします。(Uberドライバーは二種免許がなくても乗客運搬ができる)    以上、自分の考えてみたビジネスアイディアです 批判的なコメントも大歓迎ですので、皆様の意見をお聞かせ願いたいと思います。(法律的に可能かどうかなどなども含めて)    ⬇︎一応、各々に対する各種メリット、デメリットも書き出してみました。  【弊社】 デメリット  ・トラック会社への営業の難しさ   【乗客】 メリット  ・低価格  デメリット  ・トラック内が汚いことがあるかも  ・女性は男性ドライバーと車内で2人きりになる   【ドライバー】 メリット  ・収入UP  ・仕事のマンネリ化の防止  ・話し相手ができることによる居眠り運転の防止   【トラック会社】 メリット  ・会社の宣伝効果  ・ドライバーのマナーの向上(スピード違反やシートベルトの着用の取り締まりを、乗客が行うことになるので)  ・ドライバーのモチベーション向上  デメリット  ・乗客が運搬貨物を盗む可能性  ・ピックアップ&ドロップの難しさ(おそらく集荷場やホームでは不可能)  ・会社としての収入は少ない

面白いと思います。 運送会社の運行時間と行き先などのデータを送ってもらって管理、マッチングするという認識でよいんかな?  事故にあった場合の危険負担や、待ち合わせ場所にお客が来なかった場合、支払方法など幾つかの取り決めは必要ですが、基本コストがかからないので良いのではないでしょうか。  ウーバーと違う点はお客が呼ぶというよりはトラックの運行時間に合わせてお客が乗るという感じで会社版ヒッチハイク斡旋ですかねw